清水 靄子(シミズ アイコ) プロフィール

武庫川女子大学短期大学部国文科 卒業

JBI(日本バランシング協会)で小原 仁氏より統合型ボディワーク「マインド ボディ バランシング」及びカウンセリングを学ぶ。

キャラ アロマテラピースクールでアロマテラピーを学ぶ。

10年間の専業主婦生活の中で、実母・義父の介護を経験する

現在、夫と猫4匹と同居中=^_^=

趣味は、少林寺拳法と猫の世話をすること。

 

アロマセラピスト

ハーブコーディネーター

介護アロマセラピスト

日本アロマ環境協会 アロマテラピー アドバイザー

介護施設でハンドケアを実践中


1990年、私が23才の時に起こった湾岸戦争に強い衝撃を受けたことが、癒しの世界に足を踏み入れるきっかけとなりました。もう、30年近く前になりますね。

戦争を無くすにはどうしたらいいのか・・・・・?

国を構成しているは人間。その人間一人ひとりが「争う」という心捨て平和であれば、結果として国と国との争いがなくなるのでは?

では、「争い」とは?

私個人が他人と争う時の心の中の様子を観察すれば、「争い」の手掛かりがみつかるのではないか?

そうして見つめた自分の心には「不安」「嫉妬」「怒り」etc.争いの種になる感情で一杯!!いったいどうしたらいいのか・・、こんな小さな自分でさえ心の中に争いの種を満載してるのに、国 対 国の争いを無くすなんて不可能に近いのではないか!?

そう思い途方にくれたのです。

そんなときに新聞で屋久島に住む詩人・山尾 三省さんの記事と出会い、私のその後の人生は180度変化することになりました。

 

新聞で見た山尾三省さんのインタビュー記事には、「世界を変えたいという思いのもとに、他者に働きかける運動や一つ釜の飯を食い財布を共有するという試みをしてきました。けれども、今は ”一人ひとりが自己実現することで、結果として世界が変わる” のではないかと考えており、そのために自分は屋久島にきた。」とありました。山尾三省さんは、1938年に東京・神田で生まれ育ったにもかかわらず1970年代に屋久島の廃村へ移住されていました。田舎で生まれ育った私にとっては、「自己実現」するとは「都市へ行く」ことに他ならないと信じて疑っていませんでした。正直なところ、私には山尾三省さんの生き方はクエスチョン??だらけだったのです。

ですが、”一人ひとりが自己実現することで、結果として世界が変わる”という言葉に、分からないなりにとても強く心惹かれました。

そして山尾三省さんの詩をよむと、一筋の光が降りてきて当時常にモヤモヤしていた私の胸がスーッと開かれるように感じたのです。この感覚は、今も当時と同じです。

ここから私の本当の人生が始まったように思います。

とにかく ”一人ひとりが自己実現することで、結果として世界が変わる”ということの意味を知りたくて、沢山の人にあって沢山の物事にも出会いました。私の人生の中で一番動いていた時期だったと思います。この時期に、ボディワーク(ボディ トリートメント)やカウンセリングとも出会いました。

その頃懇意にしていただいていた八百屋「ろ」の高橋秀夫さんから

「アイちゃんは、本当の自分に帰る旅をしてるんだね」

と言われたことをよく覚えています。

まさに自己実現するとは本当の自分に帰る旅ほかならないのかもしれません。

沢山動いた時期が過ぎ、寒い冬を冬眠して過ごす熊のようにじっと一か所に留まる時期があり、そして、今。私の本当の自分に帰る旅は、形を変えながら今もずっと続いています。

 

本当の自分に帰る旅の途中で出会ったボディワーク(ボディトリートメント)。私の手をとおして、日々の仕事や人間関係で疲れてしまった心と体に安らぎと癒しを感じていただきたいと願っています。そしてそれが私も含めたすべての人の心の中にある争いの種が、平和や愛の種に置きかわってゆくための小さな一歩になると信じています。


手作りコスメやアロマボランティア、日々の自然とのふれあいetc.をつづった清水 靄子ことkayahimeのブログ

「ロハスな専業主婦生活」。

遊びにきてくださいね~!