*:..。o○☆○o。..:*゚*:..。o○☆○o。..:*゚*:..。

* ハンカチで簡単 芳香浴 *

*:..。o○☆○o。..:*゚*:..。o○☆○o。..:*゚*:..。

外出先で手軽にできる芳香浴です。

ハンカチやティッシュに、お好みの精油を1~2滴おとします。

会社のデスクの上において気分をリフレッシュしたり、

持ち歩けば、人混みで疲れたときにアロマの香りがホット一息つかせてくれます



   *:..。o○☆○o。..:*゚*:..。o○☆○o。..:*゚*:..。

*アロマポットでお部屋でアロマ*

   *:..。o○☆○o。..:*゚*:..。o○☆○o。..:*゚*:..。

市販されているアロマポットやアロマライトなどを使って、お部屋で香りを楽しみましょう。

アロマポットの上部のお皿にお湯と精


油2~3滴を入れ、灯りをつけます。(詳しくはご購入のアロマポットやアロマライトの説明書に従ってください)

また香りのついていない市販のキャンドルに、精油1~2滴を落として楽しむこともできます。ろうそくのゆらゆらと揺らぐ炎には癒し効果があるといわれています。アロマの香りで癒しの相乗効果が期待できますね!

※ろうそくの消し忘れには、くれぐれもご注意ください!

 


   *:..。o○☆○o。..:*゚*:..。o○☆○o。..:*゚*:..。

   ココロもカラダもあたたまる

   *ア ロ マ バ ス*

   *:..。o○☆○o。..:*゚*:..。o○☆○o。..:*゚*:..。

お風呂に精油を落としたアロマバスは、精油の成分を香りとして鼻から吸収すとともに皮膚からも吸収します。

好みや目的に合わせて、5~6滴をお湯をはった浴槽へいれましょう。


その時大切なのがお湯の温度。お湯の温度によって、体にあたえる効果がちがってきます。

  •  42度以上  リフレッシュ効果
  •  40度~41度 適度なリラックス効果 
  •  37度~39度 弛緩・リラックス効果 

目的に合った精油とお湯の温度で、バスタイムを癒しの時間にしましょう

※精油はお湯にはとけません。お湯をよくかき混ぜてから入浴しましょう。

※ 柑橘系精油は刺激があるので少量からためしましょう。